白内障の種類

主な白内障の特徴

老人性白内障(加齢白内障)

白内障患者全体の7割以上を占めます。初期段階では、特に症状はありません。進行に連れて、目がかすむ、ぼやける、光がまぶしい、ものが二重に見えるなどの症状が現れてきます。

先天性白内障

胎児の頃に、母体内でウイルスに感染したり、代謝の疾患を抱えていたり、または、他の眼の病気に伴って発症する白内障を指します。

先天性白内障の治療方法としては、正常な視機能へと導く為に、赤ちゃんの頃から光刺激を眼球内に入れて、視力の発達を促すような治療が必要です。

外傷性白内障

年齢性別問わず、眼球に強い外傷を受けてしまった時に発症する白内障です。外傷を受ける眼球の組織は、水晶体周辺の組織に及ぶ場合もあります。水晶体亜脱臼を起こしたり、急速に過熟白内障になる場合もあるそうです。

外傷の度合いによっては、手術が必要となります。

後発白内障

白内障の手術後に、再び同じような症状が現れることがあります。術後数ヶ月から1年以上経った頃、手術直後に比べてかすんで見えるようになります。水晶体を形成する膜の白濁化が関係しています。

視界が遮られ、再び見えにくくなってしまう場合もあるそうです。

真性糖尿病白内障

長期に及ぶ高血糖が原因で発症する白内障です。進行が早いだけでなく、30代、40代などの若年者でも発症するため、年齢問わす注意しなくてはなりません。

仮性糖尿病白内障

老人性白内障を既に患っていて、糖尿病白内障が進行する場合に呼ばれます。

40代から増え始める

年齢別の白内障発症率を見てみると、40歳代では15%程度です。50歳代になると急増し、発症率が60%を超えます。

60、70、80歳代と段階的に増えていき、最終的には、ほぼ100%に近い割合で白内障を発症するそうです。

白内障と言っても、全く見えなくなる失明レベルから、何らかの白内障が確認された程度のレベルも含まれます。いずれにしても、年齢とともに多くの人が罹患しやすい目の症状とわかります。

コンテンツ