白内障予防にサングラスを選ぶ場合

いくつかの注意点があります

白内障の原因一つは、紫外線と言われています。

水晶体に入り込んだ紫外線を除去する為に活性酸素が発生すると、水晶体の細胞自体を傷つけてしまうそうです。

紫外線の影響を防ぐには、サングラスでの遮断が妥当です。

サングラスを選ぶ場合は、以下の2点に注意が必要です。

  • UVカット率の高いのは選ばない
  • 色の濃いものは選ばない

色の濃いレンズは、光を集めやすく瞳孔を開きやすくします。その状況でUVカット率の低いレンズを使用すると、「眩しくは無いが思っている以上に紫外線被爆している」状態が起こります。

サングラスを選ぶ場合は、UVカット率が高く、色が薄いものが最適です。

もう一点、気をつけるべきポイントがあります。サングラスの形状です。

フレームの形によっては、紫外線が乱反射して目に入ってくる場合があるため、顔の形に沿ったデザインが良いそうです。

また、コンタクトレンズを日頃から使っている場合は、UVカット付きのものを選ぶと、直接目を保護するフィルターを付けているのと同じ状態になります。紫外線カットには、有効な手段となっているようです。

30代から予防対策

年齢別の老人性白内障発症割合として、以下のような情報がありました。

  • 40代:40%
  • 50代:65%
  • 60代:75%
  • 70代:85%
  • 80代以降:ほぼ全員

40代になると、5人中2人が老人性白内障です。

働き盛りの30代を過ぎると、10年後、20年後に向けて、目の健康対策は、早めに取り組むべきかもしれません。

日本人は、欧米人と比べて外出中のサングラス着用率は、高くありません。しかし、白内障の予防を考えると、外出時は、着用すべきと言えます。

コンテンツ