白内障の手術(眼内レンズ)について

白内障手術の現状について

白内障手術のほとんどは、患部を摘出し眼内レンズを挿入します。水晶体の形状を保つと同時に、視力を調整する働きを兼ね備えています。

水晶体の代わりに挿入された眼内レンズは、人工水晶体とも呼ばれます。

眼内レンズは、水晶体の中に収めておかなければいけないので、体が異物と判断しない素材です。

今では医療技術の進歩し、ハードコンタクトレンズ等と同じ素材だったり、傷口も従来の半分程度の大きさで済むようになっています。眼内レンズを半分に折りたたんで挿入し、水晶体内で開くという技術も確立しているようです。

眼内レンズの種類も増え、先進医療として多焦点眼内レンズも利用されています。しかし、多焦点レンズは、医療保険適用外なので医療費は高額です。

片目で35万円程度です。つまり、両目で70万円ほど必要です。

白内障の治療技術は年々進化しているものの、日本における眼科外科医の医療技術は、まだまだ信頼に至るレベルではないそうです。

白内障手術における現状を踏まえると、手術のリスクを冒さずに改善出来る方法として、Nアセテルカルノシンの使用がリスク無くコストも抑えられます。

年間100万人が手術を受けている

白内障で手術を受けている人は、年間で100万人にも及ぶそうです。

白内障の手術の技術は、高度な医療技術を持っている一部の眼科では、手術時間も短く済むようになっています。

片目15分程度で済み、一度に両眼の手術も可能となっているようです。

また、眼球の切開も2ミリ程度と小さいので、手術後に回復室で10分~15分程度の回復時間を経て問題なければ、帰宅も可能となっています。

白内障手術が身近になり、社会復帰までの時間も短縮されています。

いずれ手術を受ける場合に備え、技術レベルで信頼できる眼科外科医を見つけておく必要があります。

コンテンツ