白内障手術の費用はどのくらい?

3割負担なら安くても両目で12万円もの出費

白内障をいち早く取り除くには、手術しかありません。

しかし、手術は大きな出費となるだけでなく、術後の感染症予防の為のケアなど、治療期間も含めた負担があります。

白内障手術には、どのくらいの費用がかかるのか調べてみました。

単焦点眼内レンズは、保険適用が認められている手術です。

通常3割負担で片目で6万円、両目で12万円の費用がかかります。また、単焦点レンズなので、ある一部でしかピントが合いません。

白内障をきれいさっぱり取り除く引き替えに、12万円の出費と、ピント調整機能を失ってしまう生活を決断しなくてはなりません。

多焦点眼内レンズの場合

多焦点眼内レンズは、複数の焦点に対応した特殊なレンズを使用する方法です。先進医療なので保険適用されません。

■多焦点眼内レンズの費用(両目)

  • 多焦点眼内レンズ(乱視無し):約70万円
  • 多焦点眼内レンズ(乱視有り):約80万円

手術で白内障を取り除き、生活にある程度支障の無い視界を手に入れるには、多額の費用がかかります。

手術レベルも高くなるため、最先端の医療機器と技術を持つ眼科外科医を見つけなくてはなりません。

術後のケアについて

術後のケアも重要です。

手術後1週間程度は、傷口が完全にふさがっていない状態なので、眼球内に雑菌が入り込むリスクがあります。

術後は、保護めがねの着用が義務づけられます。また、入浴にも制限があります。

抗生剤などの点眼も朝、昼、夜と続けなくてはなりません。傷口が完治し通常の生活に戻れるのは、およそ1ヶ月かかるそうです。

コンテンツ