白内障予防に有効なルテインを摂取する

水晶体や網膜(黄斑)を保護する

目の健康維持を栄養補給を考える上で、まず摂取すべきはルテインです。

ルテインは、目の網膜(黄斑)や水晶体に分布する抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。

白内障の原因は、活性酸素の発生によるダメージの蓄積です。

他にも有害な光として、ブルーライトがあります。

多くの人がスマホ主体の生活に慣れています。利便性の裏側に、光によるダメージを水晶体や網膜に蓄積しています。

ルテインは、紫外線やブルーライトなどの強い光の影響で発生する活性酸素から細胞を保護し、網膜(黄斑)や水晶体を守る働きがあります。

白内障予防に用いる場合

ルテインの有効性は、周知の情報となっています。

発症リスクを抑えるには、以下の量が必要とも言われています。

  • 白内障予防:1日5mg以上
  • 加齢黄斑変性症予防:1日6mg以上

ルテインは、ほうれん草やケールなどの葉物野菜にも豊富です。

ただし、毎日安定した量を摂取するには、サプリメントが無難です。

含有量の高いサプリメントを選ぶなら、ドクターズチョイスの天然ルテイン40mgがおすすめです。

原料には、オーガニックマリーゴールドを使用し、特許製法により抽出されたルテインが使用されています。ゼアキサンチンも配合されています。

ルテインをサプリメントで摂取する場合の注意点があります。

サプリメントで摂取する場合、ヒトの体に存在する同型のルテインでなければなりません。特許製法のルテインなら問題ありません。

コンテンツ