白内障の進行を防ぐためにできること

マイナス要素を取り除く

Can-Cの使用とともに、悪化のマイナス要素を生活から取り除く必要もあります。

改善すべき主なマイナス要素は、以下のとおりです。

  • (たばこの)喫煙習慣
  • 汚染された空気環境にとどまること
  • 日差し(紫外線)への対策不足
  • 高い熱源近くでの作業など
  • 食生活の見直し

普段の生活は一切変えずにCan-Cを1~2ヶ月程度の使用して、「効果が無かった」と判断されるケースも少なくないようです。

また、最近の研究では、糖質の過剰摂取により活性酸素が発生しやすくなるとわかってきています。

原因と対策

生活習慣の中で白内障の原因となるのは、たばこの喫煙と言われてきました。

喫煙により、体内で活性酸素が増えビタミンCが消費されると抗酸化力が落ちます。喫煙を繰り返すと活性酸素が増えるため、白内障になりやすいそうです。

有害な煙と同じく、工場などから出る有毒性の煙、トラックやバス、重機の排気ガスを吸い込むと、ビタミンCの消費が早まります。

紫外線による影響も大きいです。

対策として、UVカット率の高いサングラス、直射日光を遮断するつば付きの帽子も活用すべきです。

コンテンツ