白内障の原因は何が考えられる?

水晶体を構成するタンパク質の変成

白内障の明確な原因は、まだ解明されていないそうです。

水晶体が濁る現象は、水晶体の細胞内に存在するクリスタリンというタンパク質の変性によるものと考えられています。

水晶体内には、α、β、γという3種類のクリスタリンタンパクが存在します。3種類が相互作用し、構造(透明性)が保持されています。

白濁化を起こす原因

水晶体のタンパク質は、なぜ白濁化するのでしょうか?

水晶体の白濁化の原因は、酸化ストレスが大きく影響しています。中でも、最も多い原因は加齢によるものと言われています。

他にも、紫外線による影響、糖尿病などの疾患によるもの、アトピー、熱による影響などが挙げられます。

熱による影響とは、生卵の白身部分が加熱され、白く変色し固形化する現象と同じと言えます。

強い火力を扱う工場も要注意

日頃から強い火力を用いた工場で仕事をしていると、白内障を起こしやすくなると言われています。

人それぞれ、生活環境や生活スタイル、食生活、喫煙習慣、ストレスの受ける量は異なります。大なり小なり、白内障の原因が日常生活の中に潜んでいると考えると、原因特定の難しさを感じます。

コンテンツ