コンテンツ

カテゴリコンテンツ一覧

トップページでは掲載しきれない情報や白内障の一般的情報などを掲載しているメインカテゴリです。気になる情報が有る場合、こちらを参考にしてみてください。

白内障とは

水晶体は、タンパク質、水、ミネラルで構成されています。

白内障は、水晶体のタンパク質分子が何らかの原因で変成し、透明性を失った状態です。光の透過を遮り乱反射し視力障害を起こすのです。

白内障の種類

主な白内障の種類やそれぞれどのような特徴を持っているのかについて。

白内障の原因は何が考えられる?

白内障の明確な原因は、まだ解明されていないそうです。

水晶体が濁る現象は、水晶体の細胞内に存在する「クリスタリンタンパク」というタンパク質の変性によるものだそうです。

酸化ストレスを防いで白内障を予防するには

紫外線以外の白内障原因は、ざっくり「酸化ストレス」と言われたりします。加齢による白内障は、酸化ストレスの蓄積によるものと言えます。

細胞の抗酸化力が落ちると、細胞内で発生した活性酸素の攻撃を防げなくなり酸化します。

生活習慣を見直して酸化ストレスを減らす

CAN-Cの使用とともに、悪化のマイナス要素を生活から取り除く必要もあります。

白内障予防にサングラスを選ぶ場合

白内障の原因一つは、紫外線と言われています。

水晶体に入り込んだ紫外線を除去する為に活性酸素が発生すると、水晶体の細胞自体を傷つけてしまうそうです。

白内障手術の費用はどのくらい?

白内障をいち早く取り除くには、手術しかありません。

しかし、手術は大きな出費となるだけでなく、術後の感染症予防の為のケアなど、治療期間も含めた負担があります。

白内障の手術(眼内レンズ)について

白内障手術のほとんどは、患部を摘出し眼内レンズを挿入します。水晶体の形状を保つと同時に、視力を調整する働きを兼ね備えています。

白内障予防に有効なルテインを摂取する

目の健康維持を栄養補給を考えているなら、検討すべきはルテインの摂取です。

ルテインは、目の網膜(黄斑)や水晶体に分布する抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。

Nアセテルカルノシンとは

Nアセテルカルノシンは、白内障の予防に有効な成分として新たに発見されたわけではありません。

CAN-Cはペットの白内障にも使用可能

CAN-C(Nアセテルカルノシン)は、犬の白内障予防や治療にも使用できます。

正規品CAN-C確認の注意点

CAN-Cの正規品チェック項目は、以下の通りです。

  • ホログラムシールが貼られている
  • 正規品取扱店の照明がしっかりなされている
  • 個別のナンバー、製造年月、消費期限が記載されている

コンテンツ