白内障の種類

主な白内障とそれぞれの特徴

先天性白内障
まだ胎児の頃に、母体内でウイルスに感染したり、代謝の疾患を抱えていたり、または、他の眼の病気に伴って発症する白内障のことを指します。

先天性白内障の治療方法としては、正常な視機能へと導く為に、赤ちゃんの頃から光刺激を眼球内に入れて、視力の発達を促すように使用する必要があります。その為にも手術が必要となります。

外傷性白内障
年齢性別問わず、眼球に強い外傷を受けてしまった時に発症する白内障です。外傷を受ける眼球の組織は、水晶体周辺の組織にも及ぶことがあり、水晶体亜脱臼を起こしたり、急速に過熟白内障になったりすることも多くあります。

その為、外傷の度合いによっては、様々な状況へと臨機応変に対応して手術しなければいけない場合もあります。

後発白内障
白内障の手術が終わっているのに、再び同じような症状が現れることがあります。術後数ヶ月から1年以上経った頃、手術直後に比べてかすんで見えるようになってくることがあるのですが、これは、水晶体を形成する膜が白色に混濁してきたことが関係しています。

場合によっては、それで、視界が遮られて再び見えにくくなってしまう状況に陥ることがあるのです。

これらの白内障は、点眼治療薬「CAN-C」により、改善出来る加齢によるものとは異なりますが、普段何気無い生活を送っている時に思わぬトラブルとして眼球に外傷を受けることもありますし、もしも白内障の手術を経験しそれが原因で、後発白内障を引き起こすリスクもあります。

このように、白内障にはいくもの種類が存在します。