白内障の手術(眼内レンズ)について

白内障手術の現状について

白内障手術のほとんどは、患部を摘出し代わりに眼内レンズを挿入することで、水晶体の形状を保つと同時に、視力を調整する働きを兼ね備えています。

このように、水晶体と同様の働きの為に挿入された眼内レンズは、人工水晶体とも呼ばれています。

眼内レンズは、長期間水晶体の中に収めておかなければいけ無いので、私たちの体が異物と判断しない素材でなければいけません。

今では医療技術の進歩し、ハードコンタクトレンズ等と同じ素材だったり、傷口も従来の半分程度の大きさで、眼内レンズを半分に折りたたんで挿入し、水晶体内で開くという技術も確立しているようです。

また、眼内レンズは基本的に単焦点ですが、今では、先進医療として多焦点の眼内レンズも利用されるようになってきているようです。しかし、多焦点レンズは、医療保険適用外の先進医療なので医療費は全額負担となり高額です。

白内障の治療技術は年々進化していますが、それでも、手術におけるリスクというものもありますし、普段の生活で使い勝手の良い多焦点の眼内レンズに関しても、保険適用とされ無い限りは中々手が出しにくいものでもあります。

こうした白内障の手術における現状を踏まえると、手術のリスクを冒さずに改善出来る方法として、 まずは、CAN-Cを利用した点眼による白内障治療に取り組んでみるというのがリスクも無くコストも抑えられます。