白内障手術の費用はどのくらい?

3割負担なら安くても両目で12万円もの出費

CAN-Cは、少しずつ水晶体の白濁化した部分を改善していく事が可能ですが、白内障をいち早く取り除くには手術を行う他有りません。しかし、手術となると一度に大きな出費となるだけでなく、術後の感染症予防の為のケアなど、治療期間も含めた負担が有ります。

そこで、実際に白内障を手術した場合、どのくらいの費用がかかるのか調べてみました。

手術の種類1割負担の場合2割負担の場合3割負担の場合
単焦点眼内レンズ(片目)約20,000円約40,000円約60,000円
単焦点眼内レンズ(両目)約40,000円約80,000円約120,000円

単焦点眼内レンズは、保険適用が認められている手術ですが、通常3割負担でも片目で6万円、両目ともなると12万円もの費用となってしまいます。また、単焦点レンズなのである一部でしかピントの合わない状態となってしまいます。

白内障を取り除きクリアな視界を手に入れる事が出来ても、それと引き替えに、最大12万円の出費。
そして、ピント調整機能を失ってしまう事を考えなくてはなりません。

尚、単焦点眼内レンズ以外の手術方法も有ります。

それは、多焦点眼内レンズといって複数の焦点に対応した特殊なレンズを使用するというものですが、これは、現代医療では、保険適用される段階に無く多額の費用がかかってしまいます。

  • 多焦点眼内レンズ(乱視無し) → 約70万円
  • 多焦点眼内レンズ(乱視有り) → 約80万円

手術で白内障を取り除き、その上、ある程度快適な視界を手に入れたいと思う場合、多焦点眼内レンズを使用すると高額の医療費となってしまいます。中々簡単に選択できる手術ではありません。

これら手術を踏まえると以下のような選択肢となります。

  • 【1】「保険適用範囲で費用を抑えて一部のピントで我慢するか」
  • 【2】「保険適用範囲外で高性能レンズの為に多額の費用を投じるか」
  • 【3】「ある程度、時間を要しても少ない費用で済むCAN-Cを続けるか」

クリアな視界は、生活の質にも直結する大事な要素ですのでどれを選ぶのも人それぞれですが、クリアな視界と引き替えに今まで見えていたものが見えにくくなったりするリスクを考えると、取り組む優先順位としてCAN-Cを先に行う事は出来ても手術の後から使用する事は出来ません。

術後のケアは慎重さが必要

白内障手術を行うと手術自体は容易に済む事が出来ても、その後のケアが重要となります。

まず、手術後1週間程度は、傷口が完全にふさがっていない状態なので眼球内にばい菌が入り込むリスクがあります。その為、術後は、保護めがねを常に着用する事が義務づけられます。また、お風呂に入れないなど入浴にも制限があります。

抗生剤などの点眼も朝、昼、夜と続けなくてはなりません。
そうして、ようやく傷口が完治し通常の生活に戻れるのは、およそ1ヶ月後となります。

手術を行うと、こうした術後のケアもシビアに行わなくてはならず万が一という事も考えられます。
そうしたリスクを考慮すると、まずは、CAN-Cで予防や改善に努めて改善の様子を見つつ、その期間で手術について考えてみるのが良いのではないでしょうか。