Nアセテルカルノシンとは

有効成分Nアセテルカルノシンの特徴

CAN-Cの有効成分であるNアセテルカルノシンは、白内障の予防に効果のある成分として、新たに発見されたものではありません。

Nアセテルカルノシン自体は、β-アラニンとL-ヒスチジン結合した複合アミノ酸(イミダゾールペプチドの一種)で、運動能力を維持する働きがあると言われています。乳酸の生成を抑える事により疲れを感じにくくしたり、活性酸素から細胞を守って元気にしてくれる働きがあります。

イミダゾールペプチド自体は、ヒトを始めとする様々な動物の筋肉の中で作り出すことができます。

身近な動物では、渡り鳥やマグロ、カツオなどに多く、カルノシンが豊富に存在する事で長い距離を飛び続けたり、長時間泳ぎ続けられると言われている成分でもあるのです。

また、ヒトにおいてもカルノシンの量が多いほどパワーを発揮できるようになる事と同時に、疲労物質の乳酸の生成も抑えてくれるので、これにより運動パフォーマンスを向上する事にも関係しているとされます。

更に、活性酸素を抑える働きにより、身体への害を抑えてくれます。

活性酸素は、呼吸の度にわずかながら生成されるものです。他にも、農薬や化学物質、汚染された大気、排気ガス、喫煙など、有害性のある物質が体内に入る事でも発生します。
更には、ストレスやスポーツ、紫外線など、生活を取り巻くあらゆる所で活性酸素が発生するのです。

活性酸素によって細胞が攻撃され続けると、細胞が寿命が短縮したり死滅する事があります。

白内障の大半は老人性白内障なので老化の一種ですが、紫外線によって発生した活性酸素の攻撃により、細胞が若さを保てなくなる事でタンパク質の分子構造が大きくなり透明な性質を失ってしまいます。

そうした紫外線による害を防ぐ為に最適な成分の一つと言えます。

CAN-Cとクララスティルの違い

白内障目薬として、Nアセテルカルノシンを配合しているものには、CAN-Cの他にクララスティルという名前の製品がありますが、この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。

どちらもこの成分の開発者であるマーク・バビザエフ博士が監修していて、特許番号も同じ『US7,795,203B2』(米国特許)となっていますので、シンプルに考えると製品名だけの違いということになると思います。

なので、販売元が変わることによって製品名が改変されていると考えることが出来るのですが、CAN-Cは、主にアメリカで発売されている製品です。それに対して、クララスティルは、EU圏のフランスを拠点として販売されている製品のようです。

クララスティルの販売公式サイトには、同成分を配合して別パッケージで販売されている偽造品への注意喚起が書かれていますが、CAN-Cもドクターズチョイスが開発者であるマーク・バビザエフ博士と直接契約を交わして、製品化され販売されているので、紛れもない正規品。

しかし、実際に中身はただの目薬でパッケージのみを類似品に似せた偽造品も流通しているという情報も有るので、CAN-Cの正規品の証明となるドクターズチョイス公認シールが貼られている製品を購入することで、偽造品を間違って購入してしまうリスクを避けることができます。

その点もCAN-Cなら安心です。

ドクターズチョイスのCAN-Cは、直営店のみで販売され直営店が直接製品を管理しているので、偽造品のリスクもほぼゼロと考えることができます。その上で正規品証明シールが貼られているので信頼が持てます。

コンテンツ