ルテインも白内障に良い

ルテインは水晶体や網膜(黄斑)を保護する成分

白内障予防を始めとする目の健康を栄養補給でサポートしたい場合は、ルテインを摂取してみるのも普段から取り組める一つの方法です。ルテインは、目の網膜(黄斑)や水晶体に分布する成分で強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。

白内障の原因は、タンパク質が水に溶ける性質を失ってしまっている状態ですが、その原因となるのは、加齢や紫外線によるダメージの蓄積です。ルテインには、紫外線を始めとする有害な光を阻害、吸収する働きがあり、網膜(黄斑)や水晶体を守ってくれます。

有害な光には、紫外線の他にも、テレビやパソコンのモニターから出ている青色光もあります。
これらは、眩しさを感じない為長時間見てしまいますが、それが原因で、それが知らず知らずの内に水晶体や網膜の細胞に悪影響をもたらし、視力の低下や眼病の一要因ともなり兼ねません。

事実、ルテインが白内障や黄斑変性症を改善する上で重要な成分であるという事は周知の情報となっていて、白内障予防には1日5mg以上、加齢黄斑変性症予防には1日6mg以上で、リスクを抑えることが出来るという情報もあります。

ルテインの摂取は、ほうれん草やケールのような葉物野菜からでも行えますが、出来れば、毎日継続して摂取した方が効果を実感しやすいので、食品よりもサプリメントの方が安定摂取が可能です。

その場合は、ドクターズチョイスのルテインサプリメントなら一日分で40mgものルテインを摂取できる上、一粒に調整すれば、20mgに摂取量を押さえて飲む事も可能です。
詳しくはリンク先の情報サイトを参考にしてみて下さい。

ハーブの一つであるマリーゴールドから特許製法により抽出したルテイン。それを1日分40mgも配合している成分含有量は業界トップレベルで、ルテインの代謝物であり更に抗酸化が高いゼアキサンチンも2mg配合されています。

このサプリメントは、CAN-Cと同じショップで購入する事が出来ます。
品質にこだわって作られたルテインサプリメントもお探しなら、試してみる価値はあると思います。

白内障や緑内障予防にも有効

ルテインとは、植物に含まれる色素成分(カロテノイド)で目の健康にも役立つ成分として注目されていますが、特に、加齢黄斑変性症のように黄班に関わる病気を予防する上で必要性の高い成分として注目されるようになってきました。

他にも、白内障や緑内障に対してもルテインは有効だと言われているようです。

ルテインを始めとするカロテノイドは、その多くが植物に含まれていて、紫外線などの有害な光から細胞を守る働きがあります。これが、目の中では、黄班やその中央に位置する中心窩に含まれていて、ここに入ってくる光を無害にすることができます。

人間は物を見る為に、光を取り込まなくてはいけないので、その中に含まれる有害な光もどうしても目の中に入って来てしまいますが、ルテインがあることでそれを無害な状態にすることができるようです。

この働きは、黄班だけに限った事ではなく、白内障のように、加齢によって水晶体の成分が変化し透明度を失ってしまうのを防ぐのに役立ったり、緑内障のように、房水の入れ替えがうまく行われなくなり眼圧が高くなってしまうことを防ぐ上でも良い働きがあるようです。

なので、目の健康が気になり始めたら、ルテインのサプリメントを使用してみるのが良いのかもしれません。

ここで注意したいのは、ルテインのサプリメントなら何でも良いのかというところですが、人間の目の中に存在するルテインの形というものがあるらしく、その状態で摂取出来るサプリメントがあるようです。

それは、フローラグロー製法という方法で作られていて、天然のマリーゴールドから抽出されたルテインを結晶化したもののようなので、品質を意識して体に吸収されやすいものを選ぶならフローラグロー製法のルテインサプリメントにしておけば、間違いありません。