生活習慣の見直しも重要

喫煙習慣などを改善しないままでは…

CAN-Cが実際に効果があるのかどうかは、症状の進行具合など様々な要因が関わってくる部分ですが、以下のような生活を改善しないかぎり、その兆しも薄くなるのは、言うまでもありません。

  • (たばこの)喫煙習慣
  • 汚染された空気を吸うこと
  • 日差し(紫外線)への対策不足
  • 熱による影響

こうした部分を改善しないままCAN-Cを使用し効果が無かったと判断するケースも有るようです。
使用期間も1、2ヶ月程度の短い中での実感となると、中々判断が難しいところです。

白内障の原因として、中でも大きいのは、たばこの喫煙習慣。
たばこを吸うと、体内では、ビタミンCが消費されその影響で白内障などになりやすくなると言われています。また、煙が直接、角膜に触れる事も少なく有りません。

たばこの副流煙は、フィルターを通さない分、更に有害性が高い事が明らかですが、それが直接眼球に触れる事、眼の表面は少なからず水分があるので煙も付着しやすい場所です。そうなると有害物質が直接入り込むリスクがあります。

同じように、工場などから出る有害性のある煙、トラックやバス、現場の重機の排気ガスなどを吸うことが多いと、たばこと同じようにビタミンCの消費を早め、白内障のリスクを高めるようです。

そして、紫外線による影響も大きなもの。
UVカット率の高いサングラスや直接光を遮断するつば付きの帽子などで対策しなければ、CAN-Cの効果以上に白内障を進行させる原因の方が強い状況が残ったままともなりかねません。

また、コンクリートやアスファルトなどが増えて、木々が減っていく中で生活するという事は、紫外線の影響もその分受けやすい環境になっている事も踏まえて注意しなくてはなりません。

他にも、熱による影響など、あまり良くないそうです。
これは、ゆで卵と同じ原理で熱によって水晶体のタンパク質が変性し凝固する事で透明度を失ってしまう為、加齢性の白内障とは違い、急性の場合もあるようです。

職業では、ガラス職人のように常に高温の炉の近くに居るような場合に白内障となる事も少なくないようです。

こうした日頃からの生活習慣に残る白内障の原因を取り除き、その上で、CAN-Cを併用する。
更に、ビタミンCをはじめ、ルテインやアントシアニンなど、抗酸化力が高く、眼の保護にも良いと言われる成分を意識した生活を心がける事が必要なのではないでしょうか。