白内障とは

水晶体のタンパク質が変化して引き起こされる

水晶体は、タンパク質、水、そしてミネラルから構成されています。この中のタンパク質の分子が何らかの原因で大きくなってしまうと水に溶けることができなくなってしまい、それが原因で白濁化してしまいます。

本来は透明である水晶体が白濁化すると、白くなった部分は光を透過することができなくなり、視界の妨げとなってしまいます。

水晶体のタンパク質が変化し、それが、症状となり視界の妨げにとなっている状況が白内障です。

また、タンパク質はアミノ酸によって構成されているので、そのアミノ酸が光によって分解され、黄褐色に着色していく場合もあり、これも白内障の症状の一つとなります。

白内障の原因には、糖尿病やアトピー、薬の副作用等をはじめとしていくつかの原因があるのですが、最も多いのは、こうした病的なものではなく生理的なもの。つまり加齢によって引き起こされるものです。

自覚症状としてよくあるものは、一つのものが二重三重に見えたり、かすんで見える。または、まぶしく感じることなどです。

白内障の主な原因は、加齢によるものと伝えましたが、時々他の病気が同時に進行していることがあるので注意しなければいけません。そこまで濁りが無いのに、視力が落ちてきた場合は、白内障以外に視力低下の原因があるかもしれませんので、その他に病気が無いか確認する必要もあります。

水晶体がなぜ白く濁る?

なぜ水晶体が白く濁るのでしょうか?

白内障の中でも多いのは老人性白内障、つまり、病気などは関係なく老化とともにどうしても引き起こされてしまうものが大半と言われています。

また、白内障は更に前嚢下白内障、皮質白内障、核白内障、後嚢下白内障などに分類されるのですが、この中で老人性白内障は、皮質白内障や核白内障が関係しているそうです。

水晶体が濁ると、光を網膜に届ける前の段階で光が屈折し散乱してしまう為、物をしっかりと見ることができなくなってしまいます。なので自覚症状として物がかすんで見えるようになったり、まぶしく見えたりするようになります。

視力が低下するというのは一般的には水晶体のピント調整の能力が失われて、物がぼやけて見えることのように思われがちですが、白内障のように水晶体の透明度が失われて、物をはっきりと認識することができない状態も視力低下に含まれます。

悪化した場合はどうなる?

白内障が悪化した場合は、白濁化した組織を取り除くことでしか改善しません。

手術を行えば簡単に白内障を取り除くことができますが、その手術の前後で、色々と注意しなければいけない事があるようです。

特に手術後は、感染症を予防する為の抗生剤を点眼したり、眼帯をして生活をしなければいけないなどの制限もあります。

また、白内障を取り除いた代わりに人工のレンズを入れるのですが、保険適用される単焦点レンズはピント調整機能を持ちません。

こうした問題点に注意する必要がありそうです。