白内障とは

水晶体のタンパク質が変化して引き起こされる

水晶体は、タンパク質、水、そしてミネラルから構成されています。この中のタンパク質の分子が何らかの原因で大きくなってしまうと水に溶けることができなくなってしまい、それが原因で白濁化してしまいます。

本来は透明である水晶体が白濁化すると、白くなった部分は光を透過することができなくなり、視界の妨げとなってしまいます。

水晶体のタンパク質が変化し、それが、症状となり視界の妨げにとなっている状況が白内障です。

また、タンパク質はアミノ酸によって構成されているので、そのアミノ酸が光によって分解され、黄褐色に着色していく場合もあり、これも白内障の症状の一つとなります。

白内障の原因には、糖尿病やアトピー、薬の副作用等をはじめとしていくつかの原因があるのですが、最も多いのは、こうした病的なものではなく生理的なもの。つまり加齢によって引き起こされるものです。

自覚症状としてよくあるものは、一つのものが二重三重に見えたり、かすんで見える。または、まぶしく感じることなどです。

白内障の主な原因は、加齢によるものと伝えましたが、時々他の病気が同時に進行していることがあるので注意しなければいけません。そこまで濁りが無いのに、視力が落ちてきた場合は、白内障以外に視力低下の原因があるかもしれませんので、その他に病気が無いか確認する必要もあります。