白内障 目薬

白内障改善成分配合の目薬なら「CAN-C」

国内承認の白内障目薬は、進行を少し遅らせる程度の働きしか持たない。
悪化したら、手術するしかありません。

「できることなら手術は避けたい」
「術後にもしも再発したら…」
そんな時の手段の一つとなってくれるのがCAN-Cです。

>>CAN-Cの製品詳細・正規取扱店はこちら

海外ではCAN-Cが白内障予防、改善を目的とした目薬として市販されています。

有効成分Nアセテルカルノシンは、ロシアの研究チームが10年もの歳月と5万人もの白内障患者による臨床試験を行い、安全性と治療効果のバランスを考慮して作られているので副作用の報告も無いようです。

また、臨床試験の結果、1日2回の点眼を6ヶ月続けた患者41.5%にレンズ透過性の改善、90%に視力の改善が確認されたとの事です。

アメリカでは、「白内障を治療できる目薬」として2010年9月に特許取得済みです。
(日本やEUを始め、世界規模で特許申請中)

年齢とともに増加する白内障のリスク

CAN-C(Nアセテルカルノシン)は、白内障の中でも加齢性白内障の予防や改善への効果が期待されます。

■日本における年齢別白内障発症割合

  • 40歳代:およそ46%
  • 50歳代:およそ65%
  • 60歳代:およそ75%
  • 70歳代:およそ85%
  • 80歳以上:ほぼ100%

日本でも加齢による白内障が増加しています。
その割合は、40歳代から増え始め、60歳代になると約75%が白内障を患い、80歳以上でほぼ100%が白内障を発症するそうです。

加齢に伴い誰でも発症しかねない身近な目の障害です。
他にも、様々な種類の白内障があります。

また、加齢以外にも様々な原因があり、屋外労働で紫外線を多く浴びると白濁化しやすくなったり、喫煙による影響も大きいと言われています。

白内障が初期の段階であれば目薬で進行を食い止めますが、
混濁が著しくなった場合は手術する道しか残されていません。

しかし、手術にはリスクが付き物。

術後のケアに要する時間や感染症、後発白内障のリスク。
手術をする前なら、「まずは、CAN-Cで改善を試してから」という方法を選べます。

副作用の報告も無い安全な製品

CAN-C(Nアセテルカルノシン)は海外では市販されている目薬ですが、「使い方によって副作用が生じないか」という部分は気になるところです。

その点も問題ありません。

Nアセテルカルノシンの開発リーダーであり、この成分と白内障に関する特許を持つマーク・バビザエフ博士は、白内障改善の有効性のみを際立たせるのではなく、安全性を十分に考慮した製品開発を進め、副作用の報告が無い事を証明しています。

その安全性を実現する為に、10年もの歳月が必要だったそうです。

また、白内障目薬「CAN-C」をマーク・バビザエフ博士本人との直接交渉により、正式にCAN-Cの取り扱いを許諾されているビューティー&ヘルスリサーチ社の販売ページ内にも「現在に至るまで、副作用の報告はありません。」と記されています。

使用方法

使用上の注意点は、有効成分Nアセテルカルノシンを眼球内に浸透させる事です。

  • 開始~6ヶ月:両目に各2滴を1日朝夕2回点眼。
    ・・・2滴目は1滴目より5分~10分経過後に点眼
  • 7か月目以降:両目に1日1回2滴点眼。
    ・・・2滴目は1滴目より5分~10分経過後に点眼

市販の目薬と同じように点眼できますが、2滴目に少し時間を置いて、有効成分のNアセテルカルノシンが水晶体(眼内)へ浸透するように心がける必要があります。

毎日2回、点眼後は5分~10分の処置時間が必要となります。

早い段階での効果を期待して諦めてしまうケースもあるようですが、この目薬自体が副作用のリスク等を十分考慮して配合量が決められている事、また、白内障の予防につながる生活習慣の見直しも行っておきたいものです。

栄養で心がけるとすれば、ルテインが目の健康への関わりが深い抗酸化成分ですが、CAN-Cと同じドクターズチョイスブランドで配合量の優れたサプリメントがあるので、こうしたものも用いると良いかもしれません。

尚、より詳しくこの目薬の使い方を確認したい場合は、正規品取扱店内にあるCAN-Cのページや製品が手元に届いた時、取り扱い説明書が同梱されていますのでそちらで確認する事が出来ます。

製品自体は、一般的な目薬と変わりありませんが、扱いは異なるので使用方法をきちんと把握した上で点眼を開始するように心がけてください。

予防目的での利用という場合も

上記のような使用方法に加え、予防目的で使用される場合は、1日1回、それぞれ1~2滴ずつ目薬を点眼します。1滴目を点眼後、頭を倒したまま60秒以上静かに目を閉じます。2滴目も同様にして、目薬が眼内に浸透するように促します。

  • ものがかすんで見える
  • 少しピントがずれている感じがする
  • 今までよりも眩しいと感じる事が増えた
  • 白い膜や霧のように見える感じがする

何らかの自覚症状が有る場合は、白内障を予防する目的で使用されるケースもあるようです。

今までの点眼薬と手術のリスク

眼科で処方される薬として、白内障が初期(軽度)のうちは、かつては「ピノレキシン製剤」「グルタチオン製剤」などの点眼薬が使われて来ましたが、これらは、進行を少し遅らせる程度の働きしか備えておらず、視力を改善させる効能はありません。

結局、進行を食い止める事ができなければ、残った選択肢は「手術」だけとなるので、これらは、一時しのぎの意味合いが強い薬となります。

白内障の手術では、混濁した患部を取り除き、代わりに人工レンズを挿入する事で水晶体を補い、視力(視界)を回復する方法が行われます。

しかし、手術により挿入した人工レンズでは、ピント調整機能が備わっていません。

視界の濁りを消す代わりに、視力のピント調整できる自由を奪われた生活を余儀なくされます。白内障手術は以前に比べて安全性が向上していますが、術後感染症などのリスクもゼロではありません。

最近では、いくつかのピント調整が可能な「多焦点眼内レンズ」というものが開発されているのですが、この手術は、先進医療扱いなので保険が適用されません。

ピント調整可能な人工レンズを入れるには、片目で30万円以上もの費用を負担しなければならないという現状があります。

手術しても再発する可能性が10%程度ある。
保険適用が可能な人工レンズ(単焦点眼内レンズ)と多焦点眼内レンズのどちらにも共通して言える事ですが、手術すると何かとリスクが伴うのが白内障治療の現状です。

高いお金を支払って手術しても再発のリスクを抱えながらの生活。
術後の通院も必要となり、標準で半年程度の経過観察を続けなくてはなりません。
手術には、様々なリスクがあるという事が理解いただけると思います。

また、人工レンズで防ぎきれない強い可視光線や紫外線に注意が必要です。
今の眼内レンズは、昔のものと比べて性能が改善しているのは明らかですが、一部の紫外線や強い波長の可視光線は防ぎきれないようです。

そうした光が網膜へ到達すると、眼内では、活性酸素が発生し細胞が傷つけられ黄斑変性症に繋がる可能性も否定できません。

CAN-Cの購入方法

CAN-Cを購入する場合、注意が必要なポイントがあります。

  • 日本ではまだ特許申請中の段階で留まっている
  • アジア圏内から偽造品が販売されている
  • 許可されている正規販売店でのみ取り扱っている

このような市場の状況もありますので、間違ったルートで購入してしまうと正規品ではない場合もあるので注意しなくてはなりません。

以前までは、正規品(未開封)であるものの証明として、「CAN-C」と書かれたシルバーのシールが貼られていましたが、今、取扱いの製品は、マーク・バビザエフ博士が代表を務める組織のロゴ(ホログラム)、反対側には、ドクターズチョイス(DOCTORS CHOICE)の正規取扱い品の証明シールが貼られています。


CAN-Cを取り扱う事が出来るのは、開発者であるマーク・バビザエフ博士により認可されている販売店のみで、その一つであるビューティー&ヘルスリサーチ社が日本で購入する場合の窓口となっています。

正規ルート以外では、本物の箱を利用し中身を入れ替えるという場合も有るようなのでくれぐれもご注意下さい。