白内障予防目薬「CAN-C(キャンシー)」の正規取扱店について

「CAN-C」が注目される理由

  • 「手術には、抵抗がある」
  • 「まずは、予防を試してみたい」
  • 「近くに信頼できる眼科が無い」
  • 「術後のケア、リスクが気になる」
  • 「愛犬の白内障進行を抑えたい」

様々な理由から、「CAN-C(キャンシー)」を試される方が増えています。

海外では、白内障の予防や改善を目的として、CAN-Cが市販されています。ペットの白内障対策としても使われています。

有効成分「Nアセテルカルノシン」は、ロシアの研究チームが10年の歳月と、5万人の白内障患者による臨床試験を行い開発されました。

副作用の報告もありません。

■目次

有効成分の安全性

CAN-Cは、副作用のリスクが無いように設計し製品化された目薬です。

開発リーダーであるマーク・バビザエフ博士も、「安全性を十分に考慮して開発した」と、コメントされていました。

正規取扱店「ビューティー&ヘルスリサーチ社」にも「現在に至るまで、副作用の報告はありません」と、記されていました。

ドクターズチョイス専売品へ

以前は、正規品CAN-Cを証明するホログラムシールと、ドクターズチョイス取り扱い証明シールが貼られていました。

今は、メーカーとの正式契約の元で作られた「ドクターズチョイス専売品」があります。製品名は、「Nアセテルカルノシン点眼液」です。

Nアセテルカルノシン点眼液は、ドクターズチョイス直営店でのみ取り扱われています。正規品を安心して入手することができます。

成分内容、製薬メーカーともに同じです。ドクターズチョイス版のCAN-Cとも言えます。

>>ドクターズチョイス専売品「Nアセテルカルノシン点眼液」はこちら

白内障は40歳代から増える

日本国内での年齢別・白内障発症率は、以下のようになっていました。

  • 40代:約46%
  • 50代:約65%
  • 60代:約75%
  • 70代:約85%
  • 80歳以上:ほぼ100%

白内障は、40歳以降に増え始め、50歳を超えると過半数を超えてしまいます。

60歳以上では、4人に3人が白内障です。さらに、80歳以上では、ほぼ100%の割合で何らかの白内障を発症しているそうです。

原因の大半は、加齢によるものです。

紫外線や喫煙も白内障の原因

加齢以外にも、仕事環境や喫煙、長期にわたる身体的ストレスなどが原因となりうることがあります。

屋外労働を続けると、紫外線を浴び続けるため発症リスクが高くなるのです。

手術を選んでも、仕事環境や生活環境による身体的ストレスを解消できなければ、目に負担がかかる生活が繰り返されます。

手術を決断する前なら、「CAN-Cで予防できるか試す」という選択が可能です。

国内で扱われる点眼薬の現状

日本の眼科では、白内障が初期(軽度)なら、「ピノレキシン製剤」や「グルタチオン製剤」などの点眼薬が処方されてきました。

しかし、これらの点眼薬は、進行を若干遅らせる程度の働きしか持たないらしく、視力の改善は期待できません。

つまり、残る選択肢は手術だけということです。

手術のリスク・問題点

白内障手術の問題点は、2つあります。

【1】レンズの種類と費用

保険適用されている人工レンズは、「単焦点レンズ」です。ピントを調整できる機能が備わっていません。

いくつかのピントに調整できる「多焦点眼内レンズ」もあります。ただし、先進医療に該当するため、保険が適用されないのが現状です。

多焦点眼内レンズは、片目で30万円以上の費用が必要となります。

【2】眼科医の手術レベル

レンズの機能がアップすると手術も難しくなります。

しかし、日本は、十分な手術レベルの眼科外科医が少ない現状があるそうです。

手術を安心して任せるためには、医者選びは重要な課題です。最先端の知識を持ち、最新の医療設備を有する眼科外科医を探さなくてはなりません。

人工レンズでは防げない光

手術を受けた場合、人工レンズでは防げない強い可視光線・紫外線対策が必要となります。

最新の眼内レンズは、昔と比べて性能が格段に向上しています。しかし、一部の紫外線や強い波長の可視光線は、防ぎきれないようです。

強い光にさらされた眼内では、紫外線の影響により活性酸素が発生します。網膜(黄斑)が傷つけられると加齢黄斑変性症のリスクともなり得ます。

専売品は価格が抑えられる

Nアセテルカルノシン点眼液は、従来のCAN-Cより価格が抑えられています。

成分内容、内容量に違いはありません。

箱の中には、1ボトルあたり5mLの目薬が2つ入っています。

従来のCAN-Cより安く、正規店のみで取り扱われているので安心です。ドクターズチョイス製品には、90日間の返金保証が付いています。

>>ドクターズチョイス専売品「Nアセテルカルノシン点眼液」はこちら

コンテンツ